山本グループ|京都大学大学院医学研究科 腎臓内科学|蛍光マウスを利用した生命現象解明へアプローチ 山本グループ

  • HOME
  • 山本グループ|京都大学大学院医学研究科 腎臓内科学|蛍光マウスを利用した生命現象解明へアプローチ

山本グループ

グループリーダー:山本 正道(特定准教授)
グループメンバー:技術補佐員4名

研究内容

アデノシン三リン酸(ATP)は生体内に広く分布し、エネルギーの放出・貯蔵や物質の代謝・合成に重要な役割を果たしている生体エネルギーです。1929年に発見され、その歴史は非常に古いのですが、これまでATPは細胞を磨り潰して抽出されてきたATP量を生化学的手法により計測するという手法が主流で、空間情報が低く(組織レベル)・時間情報(定点レベル)も限られておりました。つまり、皆さんがイメージする「働き、使われたら変化する『エネルギー』」を正確に調べることができませんでした。

山本グループでは、ATP感受性の蛍光プローブであるATeam (Imamura, H., etal PNAS 2009)を全身で発現するマウス作出に世界で初めて成功致しました(paper preparation)。このマウスを用いれば、生体内のATP動態を高解像度(細胞レベル)かつ定量的・非侵襲的・経時的に調べることができるようになりました。

現在は、このマウスを利用してあらゆる生命現象にアプローチしています。

特に、生理的状態・疾患発症状態・治療介入状態を心循環器・骨格筋・脳神経・内分泌器・感覚器を中心に解析を行っています。

一緒に教科書を書き換えるような研究を行い、医療・工業へ還元していきませんか?

興味のある方(博士研究員・大学院生・大学学部生)は下記までご連絡ください。

myamamot(a)kuhp.kyoto-u.ac.jp(お手数ですが、(a)を@に換えてメールしてください)

略歴

1999年 大阪大学工学部 卒業
2001年 大阪大学 大学院医学系研究科 医科学修士 修了(濱田博司研究室)
2004年 大阪大学 大学院医学系研究科 修了(早期)(濱田博司研究室)
2004年 Samuel Lunenfeld Research Institute (Toronto, Canada)(Janet Rossant研究室) Visiting Scientist
2005年〜2008年 大阪大学 大学院生命機能研究科 助教 (濱田博司研究室)
2008年〜2011年 武田薬品工業株式会社 医薬研究本部 研究員
2011年〜2015年 群馬大学 先端科学研究指導者育成ユニット テニュアトラック助教(独立)
2014年〜現在 さきがけ研究員(生体における動的恒常性維持・変容機構の解明と制御)
2015年〜現在 京都大学 大学院医学研究科 特任講師

発表論文

(1) Yamamoto, M., Meno, C., Sakai, Y., Shiratori, H., Mochida, K., Ikawa, Y., Saijoh, Y., and Hamada, H. (2001) A transcription factor FoxH1/FAST mediates Nodal signaling during anterio-posterior patterning and node formation in the mouse. Genes & Development 12:1242-1256.


(2)Yamamoto, M., Mine, N., Mochida, K., Sakai, Y., Saijoh, Y., Meno, C., and Hamada, H. (2003). Nodal signaling induces the midline barrier by activating Nodal expression in the lateral plate. Development 130:1795-1804.


(3)Yamamoto, M., Saijoh, Y., Perea-Gomez, A., Shawlot, W., Behringer, R., Ang, S.-L., Hamada, H. and Meno, C. (2004). Nodal antagonists regulate formation of the anteroposterior axis of the mouse embryo. Nature (Article) 428:387-392.


(4)Kobayashi, S., Isotani, A., Mise, N., Yamamoto, M., Fujihara, Y., Kaseda, K., Nakanishi, T., Ikawa, M., Hamada, H., Abe, K. and Okabe, M. (2006) Comparison of gene expression between male and female mouse blastocysts revealed imprinting of the X-linked gene, Rhox5/Pem, at preimplantation stages. Current Biology 16:1-7.


(5)Takaoka, K., Yamamoto, M., Shiratori, H., Meno, C., Rossant, J., Saijoh, Y. and Hamada, H. (2006) The mouse embryo autonomously acquires anterior-posterior polarity at implantation. Developmental Cell 10: 451-459.


(6)Nakamura, T., Mine, N., Nakaguchi, N., Mochizuki, A., Yamamoto, M., Yashiro, K., Meno, C. and Hamada, H. (2006) Generation of Robust Left-Right Asymmetry in the Mouse Embryo Requires a Self-Enhancement and Lateral-Inhibition System. Developmental Cell 11: 495-504.


(7)Takeuchi, J. K., Lickert, H., Bisgrove, B. W., Sun, X., Yamamoto, M., Chawengsaksophak, K., Hamada, H., Yost, H. J., Rossant, J. and Bruneau, B. G. (2007) Baf60c is a nuclear Notch signaling component required for the establishment of left–right asymmetry. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 104: 846-851.


(8)Yamamoto, M., Beppu, H,. Takaoka, K., Meno, C., Li, E., Miyazono, K. and Hamada, H. (2009) Antagonism between Smad1 and Smad2 signaling determines the site of distal visceral endoderm formation in the mouse embryo. The Journal of Cell Biology 184: 323-334.


(9)Uehara, M., Yashiro, K., Takaoka, K., Yamamoto, M. and Hamada, H. (2009) Removal of maternal retinoic acid by embryonic CYP26 is required for correct Nodal expression during early embryonic patterning. Genes & Development 23:1689-98.


(10)Takaoka, K., Yamamoto, M. and Hamada, H. (2011) Origin and role of distal visceral endoderm, a group of cells that determines anterior-posterior polarity of the mouse embryo. Nature Cell Biology (Article) 13:743-52.


(11)Aoyama, M., Sun-Wada, G., Yamamoto, A., Yamamoto, M., Hamada, H. and Wada Y. (2012) Spatial restriction of bone morphogenetic protein signaling in mouse gastrula thorough the mVam2-dependent endocytic pathway. Developmental Cell 22: 1163-1175.


(12)Takahashi, K., Tanabe, K., Ohnuki, M., Narita, M., Sasaki, A., Yamamoto, M., Nakamura, M., Sutou, K., Osafune, K. and Yamanaka, S. (2014) Induction of pulipotency in human somatic cells via a transient state resembling primitive streak-like mesendoderm. Nature Communications 5:3678.


(13)Horii, T., Yamamoto, M., Morita, S., Kimura, M., Nagao, Y., Hatada, I. (2015) p53 Suppresses Tetraploid Develoment in Mice. Scientific Reports 5: 8907.


(14)Nimura K, Yamamoto M, Takeichi M, Saga K, Takaoka K, Kawamura N, Nitta H, Nagano H, Ishino S, Tanaka T, Schwartz RJ, Aburatani H, Kaneda Y. (2016) Regulation of alternative polyadenylation by Nkx2-5 and Xrn2 during mouse heart development. ELife 5: e16030.

研究グループの紹介

TMKプロジェクト ※外部サイト

長船研究室 ※外部サイト